意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


ムールヴェードル・デビュー

デビューなのかデヴューなのかどちらか正解なのかわかりませんが、デビューが近いということだけはわかっています。

 

報知ブログ牧野記者最後の記事で、既に報じられていましたので、なんとなく知っていましたが、天皇賞当日の混合戦芝1400で初陣とのこと。翌週に牝馬限定の芝1400がありますよー。と手塚先生に申したい気持ちもありますが、期待の現れか騎手の手配の都合かわかりませんが、29日に初陣をみれることになりそうです。

 

10/12 手塚厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(キリ)。「体調の変動をよく観察していますが、特に変わりはないかなと思えますね。今朝はいちばんの組で追い切りを行いました。霧が濃くて視界が悪く、調教スタンドからは目の前の直線だけかろうじて見えるかどうかというくらいの状況の中の追い切りだったのですが、3頭で行って、間に挟む形でも最後までしっかりと走れていました。マイネルスフェーンに脚色劣らず走れていましたので悪くないのではないかと思いますよ。ここまでの感触は悪くないので、来週、再来週としっかりと調教を行えたら天皇賞の週のデビューを考えられそうですね」(手塚師)早ければ29日の東京競馬(2歳新馬・芝1400m)に出走を予定しています。

 で先週の追い切りはなかなかの好時計。今週は3頭追い切りの真ん中で両側にマイネルスフェーン(オープン)とアルファーティハ(2未勝)とを携える形で追い切りに望んだようです。

アルファーティハは馬なりマイネルスフェーンに0.2先着、ムールヴェードルもマイネルスフェーンとほぼ同様ということですが詳しいタイムはキリのため計測不可というこです。ちなみに肩を借りた2頭は今週末に出走が予定されています。

 

来週は一周前の追い追い切りになりますので、 ビシッといくかもしれませんが、その時計に期待したいものですね。

 

春先のPOG本に勝己社長さんのダイワメジャーおすすめとして名前が上がっておりましたが、ここにきてかなり期待値が上がってきました。

初戦から混合戦と牝馬には少しハードルが高いですが、陣営の期待からも良い鞍上を手配してくれそうです。

まずはそのから楽しみにしたいと思っております。