意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


シルヴァーナ未勝利・オークス回顧

シルヴァーナ

5/20  宗像厩舎
20日の東京競馬ではゲートで行き脚がつかず後方からに。直線ではジリジリと脚を使うも、なかなか前との差を詰めることができず11着。

〜中略〜

「ゲートに関してはトレセンでの練習や試験が速くはなかったのである程度覚悟はしていましたが、今日は初めての実戦と言うことで余計に反応できなかった面はあるでしょう。道中は馬場を気にして頭を高くするなど、すごくスムーズに追走していた訳ではないですし、結果を考えても慣れは必要そうです。もちろん脚元を中心にしっかりとしきれていないので簡単ではありませんが、何とか経験を重ねながら、キッカケを掴んでいきたいですね。今日はデビュー戦でいきなり可能性を狭める必要もないので芝を選択しましたが、脚元への負担やメンバーを加味して、次はダートを含めてどうするか考えていきます」(宗像師)

〜中略〜

この後はレース後の状態をしっかりと見てからになりますが、脚元を中心にケアは必要になるでしょうから、今のところリフレッシュ期間を設けて次走へ向かう方針です。


結果は11着。
スタートはあまり良くなく、後方追走。
4角は空いたところ突いて前進するも、ジリジリ伸びるという感じでした。
まずはデビュー出来た事に感謝。
チャンスはあと2回あるかないか。
次はダートで出てくるかと思いますが、変り身を見せてほしいです。

この馬は、ダイナフェアリーから紡ぐ思い入れのある血統ですので、
もう少し見てみたいですね。


2017年一口馬主成績
(2-1-0-1-0-1) 5戦2勝


さて、話は変わってオークス

強かったソウルスターリング
強い社台の勝負服を久しぶりに観た気がします。
いいものですね。上にも書きましたが、
ダイナフェアリーの牝系の馬に思い入れあるのと、
競馬を見始めたのが90年代中盤からなもので、
あの黄、黒縦縞、袖青一本輪はやっぱり憧れ。
ですね。

馬券はほくほく。モズカッチャンは前走を見てて強かったので、購入。
ディアドラも前走の矢車賞で力を確信。
勝ち馬ソウルスターリング、実績のあるハーツ産駒2騎の5頭で勝負。
馬連BOX、3連単BOX買って、馬連3連単との配当の薄いところをさらに購入しました。

f:id:bns11091:20170521162641j:image

f:id:bns11091:20170521162929j:image
f:id:bns11091:20170521162934j:image

3着のヒモがディアドラならもう少し美味しかったのですが、
5頭すべて掲示板は気持ちよいですね。
途中からソウルスターリングよりも、ディアドラ残れ!
としか思ってなかったですが。

ディアドラがオークスで4着に来たことで、ルエヴェルロールの矢車賞のレベルも一定のものだと確認出来たので良かったです。

早く出資馬がG1に出れるようになって貰いたいものですね。