意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


矢車賞出走ルエヴェルロール・その他3歳馬近況

ルエヴェルロール

f:id:bns11091:20170226210912p:plain


さて矢車賞。
出走メンバーが決まりました。
前の記事にあったとおり、アドマイヤローザとハナレイムーンは出走メンバーにいませんでしたね。
出走メンバーは以下のとおり。

ルエヴェルロール  
詳細 ◎小牧  大久保 
アンティクイーン  詳細 佐藤友 笹野博  コスモス賞3着
エイシンクローバー 詳細 小崎  小崎 
コロナシオン    詳細 幸   池添学 
サツキユニヴァース 詳細 鮫島  寺島 
ディアドラ     詳細 岩田  橋田   ファンタジーS3着 アネモネS2着
ドロウアカード   詳細 四位  角田   フラワーC3着 忘れな草賞3着
ブルーミン     詳細 国分優 松元 
レイズアベール   詳細 酒井学 吉村 

相手はまず桜花賞6着以来のディアドラ。
桜花賞の上がり3F34.9はメンバー中最速。道中最後方待機から真ん中わって強襲。
戦歴を見ても、新馬以外はメンバー中3位以内の上がりを繰り出してくるのでここでも注意。
ただ勝利は、未勝利のみで勝ち味に遅い印象、相手なりと言ったほうが良いのかも。
1800は初めても、母父スペシャルウィークハービンジャーなら問題はなさそう。

次はこちらも堅実ドロウアカード、前走忘れな草賞は勝ち馬とタイム差なしの3着。
ここ何戦かは、先頭からの競馬を展開。ちなみに前述のディアドラとの勝負は3戦3敗。

京都芝1800mはステイゴールド産駒が勝利数1位なものの、
3着までの数を見るとハービンジャーが1位になるというデータ有り。

枠は内枠から真ん中までが欲しい所ですが、頭数も多くないのでそんなに気にしなくても良いかも。
前走同様前を見ながら、直線溜めてから脚を使い、ドロウアカードを抜き去って、ディアドラを抜かせないという競馬でお願いしたいと思います。

 

シェアザモーメント

f:id:bns11091:20170226202229p:plain

5/2  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も普通キャンター程度に動かしてきたのですが、先週末に右前脚を捻挫してしまい、トレッドミルでの常歩程度にペースを緩めて調整しています。体調面などは変わりなく来ていますが、この期間にソエもしっかり治すつもりで焦らずに進めていこうと思います」(NFしがらき担当者)

ガーン。
頓挫ー。 捻挫ー。アロンザー。モナ。
いぇーい。早く戦線復帰お願いしたいです。

 

ムスターヴェルク

5/4  加藤征厩舎
4日は軽めの調整を行いました。「昨日の追い切りを改めて確認しましたが、やはりこちらが考えているよりもいい動きを見せてくれたかなと思えましたね。デビューが遅れているだけに順調に使えている馬よりは大変な部分もあるかもしれませんけれど、動けているのでそれなりの走りはできるのではないかと思っています。過去に何もなかった馬ならばビッチリ乗り込んでデビューさせたいという気持ちなのですが、北海道で育成されている時に脚元の不安が出たこともありますから、やりすぎて万が一こじらせてしまっては元も子もありません。昨日の時点では再来週くらいかなと思っていましたけれど、来週の動き次第では適鞍もありますので来週の競馬も考えるかもしれません。基本は芝と思っていますけれど、相手関係等も見てダートも含めて判断します」(加藤征師)21日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1800m)を予定していますが、状態次第では13日の東京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)や同日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1800m)あたりを視野に入れつつ向かう可能性もあります。

なんと二日連続の長文更新。
前日3日にも長文更新だったわけですが、
前日の予定では新潟最終週21日混合戦芝1800mへという予定でした。
が、4日の更新では1週前倒しの牝馬限定戦も視野にということになったようです。
東京ならば行けるので、出来れば13日東京で見たいなぁ。
でもきちんと乗り込んで体制整えて欲しいとも思うし、という所ですが、
相手関係見ながらということなのでうまくやってくれると思います。
加藤征師はなんか良いですね。好感がもてます。
割と良いという評判を聞きますが、真摯に向きあってくれる感じが良いです。
馬本位で構わないのでお願いします。

 

シルヴァーナ

5/3  宗像厩舎
3日は美浦坂路で追い切りました(53秒9-39秒0-25秒5-12秒6)。「先週追い切った後も変わりはなかったですね。ただし、天栄で苦労していたことは忘れていませんし、毎日状態の変化を慎重に確認するようにしています。今朝はマル(丸田ジョッキー)を乗せて坂路で追い切るようにしました。4ハロン54秒を切り、終い1ハロンを12秒半ほどでまとめてきましたね。脚取り自体は悪くなく、動きは良かったとマルも言っていましたが、息のほうはもう少し良化させたいとのこと。午後馬房から出した時の歩様も変わりなかったですから、引き続き乗り込んで中身も整えていきたいです。まだデビューのメドは立てられていないのですが、今日53秒台の時計を出せましたので、来週それなりにやった感じで具体化させられればという希望を持っています」(宗像師)

 

まだデビューのメドをを立てられていないということですが、
JRA‐VAN NEXTの情報では2回東京の芝1600mか1800mで初陣の予定と出ていました。
調教は加速ラップですし、ジョッキーも良いと言ってくれてますので、
まぁ、まずは一度実践見てみたいですね。
更新の時には、脚元の話が必ず出てきますが、それほどやばいのでしょうかね。
安全第一でお願いいたします。