意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


キャロットクラブ2015年産2歳馬・近況

2歳馬の近況が公開されていたのと報知ブログに2歳馬の情報が載っておりましたので記事にしておきたいと思います。

ヴォレダンルシエル(ピンクパピヨンの2015)

f:id:bns11091:20170415225941j:plain

 4/14  NF早来
馬体重:444kg 
現在はトレッドミルで調整を行っています。この中間は調教負荷をセーブして疲労回復を促してきましたが、馬体重がやや減少傾向にあったことから、ここは無理せず騎乗調教を控えてリフレッシュさせることにしました。ここまでの調教での走りから素地の良さを感じさせるだけに、成長の芽を摘み取ってしまわぬよう、今後も成長曲線に見合った調整を行っていくことで持てる素質を存分に引き出せるよう進めていきます

少しここでお休みが入るようですね。
ここまで大きな問題もなく進めることが出来てきたので、
多少の休養は問題ないでしょう。
リフレッシュしてまたひとつずつハードルを乗り越えていって欲しいです。
報知ブログにも同馬についてのコメントを木村哲師がしているので良かったら御覧ください。

まだ弱いところがあるのでゆっくりになりそうということですから、まあデビューは秋以降になるということでしょうね。
今は成長を促す時期ですので、ゆっくりと着実に進んでいくと良いですね。

 

ムールヴェードル(ヴァンドノワールの2015)

f:id:bns11091:20170415230022j:plain

4/14  NF空港
馬体重:499kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。継続的にハロン15秒ペースで乗り込んでいますが、力強さを感じさせるキャンターは健在でむしろパワーアップした印象さえあります。脚元やカイバ食いに変化がないことは何よりで、今後も同様の負荷をかける中で鍛え上げていければと思います。 

こちらは相変わらず順調。前回のコメントで移動を意識というワードが出てきたので、今後なにか頓挫がなければ早いデビューができそうです。
こちらも報知ブログで手塚師がコメントをしたいますので、以下からどうぞ。

手塚師曰く、「デビューは夏か秋の中山。牧場の評価が高い。ダイワメジャー似。きつい性格でスピードタイプ。」とのこと。牧場の評価高くてスピードタイプというのは嬉しいですね。
現在15−15くらいで乗れているので、このまま順調にいってほしいです。
デビューが8月、9月ということは移動は6月頃でしょうかね。

この報知ブログでも出てくる白毛ハウナニですが、動画でもいつも一緒に稽古をしているようなのですし、今後厩舎も一緒なので良いコンビになりそうですね。青毛の当馬と白毛のハウナニでオセロを結成してたらどうでしょうか。洗脳はされないで欲しいですが。

 

今年は早くから動けそうな馬もいて楽しみですね。兎にも角にも怪我だけは注意して進めていって欲しいものです。