読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


弥生賞・チューリップ賞

さて今週に入り、鼻がムズムズ。
今年もやってまいりました時期。
花粉賞。

有力馬は、
スギノカフンオー
ヒノキダムーン
の2頭。

という花粉症の話はどうでもいのですが、
先程終わった弥生賞


スローになりそうなので、
前に行くであろうダイワキャグニーから馬券購入。

スタートして800m過ぎた位で
こりゃ遅すぎるー。と叫んでしまってました。
どスローの前残りになるだろうと想定内でしたが、
にしてもペース遅かったですね。

前に行ったダイワキャグニーがもう少しやってくれるかと持ってたのですが。残念
コマノインパルスもペースをみて捲って上がって行きましたが、最後は案外。
サトノマックスは次回出てきたら狙いたいですね。

皐月賞でも通用するのは、勝ったカデナのみでしょうか。
後方から差し切ったのは見事でした。
が、最高評価までは難しところですね。

 

それに引換えチューリップ賞ソウルスターリングは強かったですね。
まだ余力ありそうな感じ。
牡馬戦線が混沌としているので、もはや皐月に行ってもいいのでは?とも思います。
ミリッサ、リスグラシューはちょっと残念でしたね。

 

余談ですが、小倉の丹内Jが乗る逃げ馬は要注意ですね。
今回は2着でしたが、前回の勝利で味をしめた模様。
どスローの一辺倒のレースより観てても面白いですしね。

あとは中山新馬のアナザートゥルース、前々から気になっていたので、
新馬勝ちはお見事。ダート戦線で活躍できそうな馬ですね。
アイルハブアナザーの代表産駒になれる活躍を期待です。

来週は金鯱賞
この時期の年末の金鯱賞ですら違和感あったので、
この時期の金鯱賞はまだまだ違和感ありあり。


ということでこれから続くGIへのトライアル戦線。
ここに我が出資馬が出てくるのはいつなのか。
早くそういう馬を持てるようになりたいですね。