読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


キャロットクラブ2015年産2歳馬・出資状況

さて、
2歳馬のお話。


2015年産の出資は一口馬主を初めて3年目の出資です。
前年はシェアザモーメントに前年度最優先落選の権利を使っていてバツは無しなので、人気どころに行けないのは覚悟していました。

ですので、おそらく取れるだろうという馬、牡馬、観に行ける関東馬という点に絞って申し込みをいたしました。

 

そんなわけで最優先で選んだ馬は、

ショーンガウアー
牡 栗毛 '15/2/7生
父:オルフェーヴル×母:マルティンスターク
関東 木村哲也 厩舎


筋肉ムキムキの馬体に惚れましたが、
あえなく抽選で落選


来年のバツの権利をもらいました。
まあこれはこれでよかったかと思っています。
実は前年もマルティンスタークの仔に出資しようか迷って結局やめたのですよね。

結局のところこの馬を含め、キャロットのオルフェーヴル産駒が頓挫しているので、
今後どうなるか興味が有りますね。



同時に申し込んだ馬は、

ムールヴェードル
牝 青毛 '15/2/4生
父:ダイワメジャー×母:ヴァンドノワール 
関東 手塚貴久 厩舎

f:id:bns11091:20170301014205j:plain
写真は2/28日現在

 

青毛、ハァハァ青毛、、、。
青毛の馬好きとしてはたまらないですね。
母高齢で多少割引評価ですが、
ダイワメジャー産駒が欲しかったこともあり出資しました。
毛色からは父にというよりは母似なんでしょうか。
まぁムキムキウーマンらしいので、父の遺伝子は確実に受け継いでいるとは思います。
2/28日現在の状況は以下のとおり。

 

2/28  NF空港
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。迫力のある馬体は日に日にその存在感を増していますが、それと同時に人に対して気の悪さを見せてきているので、精神面のケアを怠ることなく行っていければと思います。調教の動き自体は上々で不満らしい不満はないので、今後も継続的に負荷をかけていければと考えています。


最優先馬が取れなかったので、
1.5次募集でもう一頭追加しました。

ヴォレダンルシエル
牝 青鹿毛 '15/3/8生
父:キングカメハメハ×母:ピンクパピヨン
関東 木村哲也 厩舎

 

f:id:bns11091:20170301014203j:plain
写真は2/28日現在 冬毛モサモサかわいい

 

こちらも母は比較的高齢。

カフナ、トウシンモンステラの全妹。
柳の下にどじょうはまだいるのか。
なんとも言えないところですが、
この馬の上も預っている木村哲厩舎に賭けてみたいと思います。
キングカメハメハ産駒出資も初。

 

2/28  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。厳冬期ということもあって、冬毛が伸びて見栄えこそしませんが、トレーニングを重ねてきたことによって、張りのある体付きになってきました。調教のペースが上がっても坂路コースを手応えよく登坂することができていますし、脚元にも不安は見られませんので、今後もしっかり土台を築くことを念頭にさらなる充実を図っていきます。

 

2013年産は順調さを欠いてまともに出走できず、勝ちあがれませんでしたが、
現在の3歳馬(2014年産)も全体的にデビューが遅いので、少し心配。まだ2頭未出走ですし。
2歳馬(2015年産)の2頭は早めのデビューでお願いしたいです。

 

3世代合計 9頭 (牡馬2頭・牝馬7頭)
引退馬3頭・現役馬2頭・未デビュー馬4頭

 

※文章、写真などはキャロットクラブより許可をもらって転載しております。