読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


牝馬クラシック戦線&番付

キャロット2013年産 競馬いろいろ 雑記

昨日はアネモネS、本日はフィリーズレビュー牝馬のクラシック戦線を占うレースが行われました。

 

どちらも主役不在混戦ムードが漂うレースでした。

アネモネSはチェッキーノ、フィリーズレビューはソルヴェイグが勝ち名乗りをあげましたね。

 

というわけで、フラワーカップなども残っておりますが牝馬の番付をつけてみたいと思います。

 

個人的3歳牝馬番付

横綱メジャーエンブレム [阪神JF] ルメール

クイーンCの勝ちが衝撃。2000m以上はどうなのか未知。

 

大関シンハライト [チューリップ賞] 池添

僅差勝ちを制して3連勝。チューリップ賞末脚は圧巻。

大関ジュエラー [チューリップ賞2着] デムーロ

連続重賞2着。上位との逆転はまだあるかも。

 

 

関脇:該当なし

 

小結ソルヴェイグ [フィリーズレビュー] 川田

レースは強い勝ち方。桜花賞の条件なら一発あるか。

小結チェッキーノ  [アネモネS] 柴山

相手関係から一線級と相対してどうか。

 

前頭アットザシーサイド [フィリーズレビュー2着] 福永

前頭キャンディバローズ [フィリーズレビュー3着] 武豊

前頭ラベンダーヴァレイ [チューリップ賞3着] 戸崎

ここらへんは一度叩いてどう変わってくるかみもの。

 

十両アッラサルーテ [アネモネ2着] 未定

十両ダイアナヘイロー [フィリーズレビュー4着] 未定

 

ダイアナヘイローはもしかするとがあるかと思って今日のフィリーズレビューを見てましたが、ちょっともったいない感じでしたね。能力はありそうなので、出てきたら注意したいと思います。

 

やはりメジャーエンブレムに、シンハライト、ジュエラーが何処まで迫れるか、焦点になりそうです。

オークスは距離の問題、忘れな草路線などもありますのでまだわかりませんが。桜花賞に向けては役者が揃った感じですね。