意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


キャロット3歳馬近況まとめ

さて、3月に入って参りましたね。

早いものです。

 

今週もキャロットクラブの更新がありました。

 

ヴィオレッタ

f:id:bns11091:20150923195121p:plain

現在手塚厩舎に在厩。

放牧→天栄で乗り込み1回新潟でデビュー予定。

 

 3/2  手塚厩舎

2日は美浦南Pコースで追い切りました(69秒5-53秒8-39秒4-13秒0)。「先週無事に合格できましたので、その後の体調の変動をしっかりと見ていました。そのまま進めるか、リフレッシュを挟むかは少し時計を出して感触を確かめみてから判断しようと思っていたんです。週末に大きめ、そして今朝は追い切りをやってみました。非力なところも残るのでポリトラックコースで動かしてみたのですが、悪くはない。ただ、動きにもう少し力強さがほしいかなという気もしなくはありません。肌ツヤなども、もう少し良く見せるようになってからの方がいいかなとも思いました。また、気が良すぎてピリピリしがちな精神的なことも踏まえても、ここはいったん乗り込み期間を設けてから競馬へ向かっていく形にした方がいいのかもしれません。それなので週末あたりに一度天栄に出して、状態を確認してもらい、適度に乗ってもらってからデビューへ向かう形を採らせてください」(手塚師)

 

また報知ブログにもヴィオレッタの情報がありました。

 

www.hochi.co.jp

 アルフレードの妹にあたるヴィオレッタ(牝、父シンボリクリスエス、母プリンセスカメリア)の方は、ゲート試験に合格して、放牧に出される予定。「速いところをやり始めて、けっこういい動きを見せていたし、何ともないけど、オーナーサイドの意向で放牧へ。新潟開催で使うことになりそう」とのことでした。

 

 

4月30日

新潟5R 3歳未勝利 1,600 (芝・外)

5月7日

新潟6R 3歳未勝利 1,200 (芝)

 

ココらへんのレースが目標でしょうか。

ちょっと遅いなぁ、という気がしますね。

キャロットのコメントにはありませんが、報知ブログの方では「けっこういい動き」「オーナーサイドの意向で放牧」とあります。

キャロットクラブは頭数多いのでやりくりが大変なのは解かりますが、

時期が遅くなって勝ち上がりが難しくなった時に、

「あのときそのまま進めていれば、、、」なんてことにならないようにしてほしいものですね。ちょっと不安です。

 

個人的にはせめて、

4月23日

東京5R 3歳未勝利 1,400 (芝)

このレースあたりが良いと思うんですが。

どうでしょうか?キャロットクラブさん、手塚先生!

 

 

キャンベルアーリー

f:id:bns11091:20150817120128p:plain

3/1  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「まずまず順調ではありますが、大きく変わっていないとも言える状況なので、引き続きしっかりと乗り込んでいきたいですね。また、乗る分だけ硬くなることも考えられますし、ケアもしっかりと施しながらより良い状態にして次走へ向かっていけるようにしたいです」(天栄担当者)

 

天栄のコメントは基本的に辛口なのでなんともいえませんが、

まあ順調ということでしょうね。

 

4月9日

福島7R 3歳未勝利 1,150 (ダ)

4月10日

福島5R 3歳未勝利 1,200 (芝)

福島6R 3歳未勝利 1,150 (ダ)

 

ここらへんを目指すと思いますが、

できたら芝で見てみたいなぁというのが本音です。

 

 

スパークルライト

f:id:bns11091:20150923195120p:plain

3/1  NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「この中間もトレッドミルでの運動を継続して行っています。外傷部分は今のところ変わりはないのですが、この期間を上手く利用して疲れが溜まってくるタイミングだった脚元のケアも行いたいですからね。ある程度はトレッドミルを使って騎乗者分の負担を軽減しつつ、状態を見ながらこの後の乗り出しにつなげていくつもりです」(天栄担当者)

 

アクシデント続きのスパークルライト。

3月中には乗り出すとは思いますが、

復帰は早くても1回新潟の後ろのほうか、

2回東京3回東京あたりでしょう。

もう少し辛抱が必要でしょうね。

 

今の状況はかなり厳しい状況だとは思いますが、

復帰後にある程度走れる目処がたてば、

地方転出、中央再転入という可能性もあるかもしれませんね。

 

 

そんなわけでまとめて3頭の状況でしたが、

そろそろ3月に入るとキャンセル募集の時期に入ってきてちょっとだけそわそわしますね。

最近花粉が飛んできているのを感じる毎日ですが、

まだまだ長い春のうちに3頭ともに勝ち上がってほしいものです。

 

 

※文章、写真などはキャロットクラブより許可をもらって転載しております。