意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


ゲート試験合格・ヴィオレッタ

f:id:bns11091:20150923195121p:plain

 

手塚厩舎ヴィオレッタの更新がありました。

北海道を脱して以来頗る順調にきているようですこし怖いくらいです。

 

本日の記事だけ見ているとそのまま滞在してデビューまでという感じもありそうです。

すぐに放牧ということはなさそうなので、最低でもあと1週間くらいは在厩しそうな感じですね。

その間に多少動いてみて、その動き次第という感じでしょうか。

 

 

 

 

ヴィオレッタ

 2/25  手塚厩舎

24日はゲート練習中心のメニューを行いました。25日にゲート試験を受けて見事合格しました。「まずはゲート練習を行っていますが、兄弟に似てかちょっと中でガタガタするところが出てきたんです。アルフレードも中でちょっとうるさいことがありましたからね。出に関してもそこまで速いというわけではないのですが、中が悪くなりすぎる前に練習がてら試験を受けていったほうがいいかもなと思っていました。当初は最短でも今週の金曜日に受けようかなと思っていましたけれど、今日受けてみることにしたんです。ダメだったらそれはそれで仕方ありませんし、自信もそこまであったわけではなかったのですが、裕紀人(石川騎手)を背にして受けたところ無事合格。やや後ろ扉にもたれかかるような格好を見せたものの、タイミングを図ってうまく出してくれましたね。見習い騎手の武藤君にも手伝ってもらって一緒に受けたのですが、無事合格できてひと安心です。裕紀人も“スピードがあります”と言ってくれていますし、レースの条件は適性的にも体力面のことを考えても短めのところかなと言う気がしています。このあとはこのまま行くか、ひと息入れてからにするかはもう少し様子を見てから判断させてください」(手塚師)

 

 

あっさり合格しましたね。

少し気になる点はありますが、

きちんとゲートを出てくれているようなので安心安心。

出来ればこのまま在厩して、デビューまでいってほしいと思っておりますが、

どうなるでしょうか。

 

とりあえず体重が大幅に減らないことだけ祈っています。

 

 

 ※文章、写真などはキャロットクラブより許可をもらって転載しております。