意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


気になるキャロット2歳馬近況

さて2歳馬の状況が更新されていました。

 

私が出資している4頭

  • イグジビットワンの14
  • クリンゲルベルガーの14
  • シェアザストーリーの14
  • グレイトフィーヴァーの14

は特に中間の頓挫もなく順調な様子。

 

この4頭の中では、

グレイトフィーヴァーの14が頭一つ抜けて順調な様子。

多少トモがまだ非力とは言われているもの、坂路は軽快に登坂している模様で何よりです。

 

シェアザストーリーの14は一頓挫があったあと、ゆっくりですが回復傾向にあるようで安心しております。

ただ、まだ一度も坂路に入ってもいないので世代の中では一番遅いグループになってしまいましたね。

これからの順調な育成に期待したいところです。

 

 

2歳馬の近況を全て見ていたのですが、近況が気になる馬が。

 

 

 

カラベルラティーナの14

 2/15(NF空港)
馬体重:495kg 
ここまで順調に進めてきましたが、この中間に馬房内で耳のあたりをトモ脚で引っ掻くような仕草を見せたり、騎乗中に突然バランスを崩したりと、不可解な動作が目立つようになりました。人馬の安全面も考慮し、すぐに乗り運動を休止してその後の経過観察にあたっていますが、今のところ収まるような気配はなく、運動再開の見込みが立っていない状況です。原因については様々な可能性を探っているところですが、動作から判断すると何らかの神経症状が関連していることが疑われ、その線を中心に原因の特定を急ぎ、適切な対処方法を検討していければと考えています。

※キャロットクラブより許可をもらって転載しております。

 

 

神経症状の疑い。

初めて聞きました。

 

いろいろ検索してみるといろいろな記事が出てきて、

ざっと読んではみましたが、これはちょっと不安ですね。

なにより一番は原因の解明と対処となるかと思います。

出資はしてませんが、気になってしまいますね。

うーむ。