読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


キャロットクラブ2015 第1次募集出資申込結果

キャロット2014年産

 少し間が空いてしまいましたが、

キャロットクラブ2015第一次出資申込と結果発表がありました。

昨年入会のため、昨年は思い通りに出資することができず、

少し残念でしたが今年はほぼ思い通り出資の願いがかなったように思います。

 

今回の出資のポイントはこのように考えていました。

・牡馬の芝・クラシック戦線の可能性がある馬1頭

牝馬の芝・クラシック戦線の可能性がある馬1頭

・クリンゲルベルガーの14

 

 

 

募集のリストが上がった時より、

クリンゲルベルガーについては血統的背景の好みの問題からほぼ決めておりました。

競馬をより観るようになった理由がダイナフェアリー子供たちにあり、

その血脈を汲む(祖母ダイイチリカーがダイナフェアリーの直仔)ことと、

作年クリンゲルベルガーがオークション売却されたことで、

この牝系に出資することが今後もう叶うことがない可能性が有るため今回出資をしようと決めておりました。

※ちなみに2015年もトーセンホマレボシを種付けしています。

 

 

牡馬の芝・クラシック戦線の可能性がある馬1頭については、

募集リストが出た時点で、金額と血統とでシェアザストーリーの14を第一候補に考え、

カタログなどの馬体で問題が無いようならいこう思っておりました。

兄弟馬がダート寄りだったことは理解の上ですが、

実際馬体も好みであったため牡馬はこの1頭絞りにいたしました。

 

牝馬の芝・クラシック戦線の可能性がある馬1頭については

トキオリアリティーの14

グレイトフィーヴァーの14

イグジビットワンの14

シンハリーズの14

マルティンスタークの14

マヒナの14

アビラの14

を候補に考えていました。

 

トキオリアリティーの14が中間発表で早々に取れない公算が高くなったため、

同馬を一応の応募とし、

他の馬を1、2頭申込し、落選したら考えるということに落ち着きました。

 

昨年はシンハリーズの13(シンハライト)に申込をしたので、

今年も申込をしたかった経緯もありましたが、

今回は見送りとしてステイゴールド産駒グレイトフィーヴァーの14を第一候補に。

 

1月生まれにしては、小さめなのと管囲が細いかなという印象も父から考えれば仕方ないかなということで目をつぶりました。

兄弟が堅実に走っているのが一番好印象ですね。

 

イグジビットワンの14については、やはりすべては後右脚の繋ぎでしょうね。

カクッと下がる所当たり心配ではありますが、

ここも目をつぶります。

 

マルティンスタークの14については、

悪い印象はありませんが、血統の妙味をあまり感じられないことから今回はパス。

馬体もいいですし、厩舎も強化で良いように思います。

 

後は

マヒナの14ですが、

気になる馬ですね、カタログにつけた付箋には可愛い!と書いていました。

ダノンシャンティは良い種馬かもしれませんね。でも今回はパス。

 

アビラについては一般ではすでに取れないことがわかっていたのでパスといたしました。

 

ということで実際の申込と結果は以下のとおりになりました。

最優先

48. シェアザストーリーの14 ○

一般

5. イグジビットワンの14○

28. トキオリアリティーの14 ×

36. クリンゲルベルガーの14 ○

49. グレイトフィーヴァーの14 ○

 

グレイトフィーヴァーの14

イグジビットワンの14はどちらも抽選で当選し、

結果今回は4頭出資ということになりました。

 

 

出資した以外では、

キューの14

ボルボレッタの14

カラベルティーナの14

トゥザヴィクトリーの14

リリサイドの14

ヴァリアントレディの14

エルダンジュの14

ベネディーレの14

あたりが気になりました。

 

中でもボルボレッタの14はかなり気になりますね。

クロフネ男子は2013年産でいるので、パスしましたが、

ミスプロ、サンデー、ウォーエンブレムクロフネ

アメリカ血統好きならよだれ出ちゃうかもしれませんね。

これは2次の早い段階でなくなる感じですかね。

 

これでキャロット2015の出資は打ち止めの予定。

同じ馬に出資されている方いましたらよろしくお願い致します。