意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


はじめに

徒然なるままにブログなど書いてみようと思ってここに筆を執ってみました。

昨年より一口馬主を始めましたため、その話題が中心となるかと思いますが、以後お見知りおきくださいませ。

さて私が人生の中で初めて競馬を認識したのは、日本中が湧き上がったオグリキャップブームの時でした。
まだ小さな子供でしたが、その頃みんながオグリキャップに熱狂していたのはよく覚えております。

90年代半ばになると友人とダービー馬は、やれウイニングチケットだ、ビワハヤヒデだ予想をするようになりました。
現在もその友人たちとPOGをやっておりますので、その友人とは20年来競馬の話をしているということになりますね。

たしか初めて競馬場に行ったのが95年の毎日王冠
重馬場で有力馬が苦戦するなか、スイスイ逃げ切ったスガノオージが強く記憶に残っています。
2着のドージマムテキも人気薄で荒れたレースでしたね。

実際の競馬以外でもダビスタブリーダーズカップで雑誌の決勝に残ったり、競馬カードを集めたり、POGを前述の友人としたりと、
その後の生活の中でも常に競馬はありました。

中には、ずっと好きで追いかけた馬もおりましたがそれはまたどこかでお話できたらと思います。


競馬を見始めた時には、まさか一口馬主をやるということなど、考えもしませんでしたが、
昨年キャロットクラブで念願の一口馬主を初めてしまいました。

キャロットクラブといえば、古くはポジー、ケイズドリーム、ジムカーナの印象が強いですね。

そんなわけで、先日キャロットクラブの2015年の募集馬リストが発表となりましたね。
昨年は3頭に出資をしてみたわけですが、また今年も気になる馬がいたら出資したく思っております。

リストの中には気になる馬が何頭かいましたが、もう少しいろいろ見てみたいと思っております。
また気になった馬などは今後ここに書き記していきますので、よろしくお願い致します。