読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


雑記

フローラステークス

フローラステークスのことをちょっと。ヤマカツグレースの単複ワイド馬券を持っていたので、直線はニヤニヤしてみてましたが、最後かわされて2着。モズカッチャンは購入時に全くちゃんと見ていませんでしたので、アウトオブ眼中。結果はハービンジャー丼。モ…

大阪杯結果とか

脱帽いたしました。 キタサンブラック強かった。 本命のアンビシャスは最後方から追い上げたけども。 あの位置からでは無理でしょう。ペースもさほど早かったわけでもないですしね。テンノリの鞍上気になってたんですけどね。 123着に流す最悪のタテ目パター…

大阪杯といろいろと

新年度が始まって4月になりましたね。昨日のアザレア賞アドミラブルなかなか強かったですね。次はトライアル使うのでしょうか。次走も非常に楽しみです。 さて本日は、新しいG1レースとして創設された大阪杯です。産経の名前が取れるとなんか違和感が半端な…

キャロットクラブ2017第一次キャンセル募集

最近は、大寒桜賞ブログと化してるこのブログですが、今年もやってまいりました。キャンセル募集のお時間です。 どうもキャンセル馬買いたい買いたいでお馴染みの喜屋武セル買い太郎です。 以下キャロットの文面です。 キャンセル募集のご案内 (17/3/14)キャ…

弥生賞・チューリップ賞

さて今週に入り、鼻がムズムズ。今年もやってまいりました時期。花粉賞。有力馬は、スギノカフンオーヒノキダムーンの2頭。という花粉症の話はどうでもいのですが、先程終わった弥生賞。 スローになりそうなので、前に行くであろうダイワキャグニーから馬券…

次走想定・シェアザモーメント

新馬勝ちからすぐ放牧となったシェアザモーメント号ですが、 放牧の際に石坂師はこんな発言をされていました。 「先週はありがとうございました。調教の動きからある程度はやれるだろうと期待していたものの、思った以上に楽な競馬で強い勝ち方をしてくれま…

牝馬クラシック戦線&番付

昨日はアネモネS、本日はフィリーズレビューと牝馬のクラシック戦線を占うレースが行われました。 どちらも主役不在混戦ムードが漂うレースでした。 アネモネSはチェッキーノ、フィリーズレビューはソルヴェイグが勝ち名乗りをあげましたね。 というわけで、…

牡馬クラシック戦線&番付

本日今年のクラシック戦線を占う弥生賞が行われました。 結果はご存知の通り、 マカヒキが1:59.9の好タイムで優勝。 3連勝で皐月の舞台に駒を進めることになりました。 キャロットクラブのリオンディーズは2着。 「本当はもう少し我慢させて走りたかったので…

シルク馬名発表

さて、シルクホースクラブの馬名が発表されていました。 その中で気になった馬名は、 ソルエユニーク 父ディープインパクト 母ワンダーレディアンエル フランス語で唯一無二だそう。 かっこいいですね。 ウィッシュノートという馬名もいいですね。 残りの馬…

東京新聞杯・きさらぎ賞

今週の東西メインは 東京新聞杯・きさらぎ賞の両レース 東京新聞杯は冬場のマイルレースで定着、 きさらぎ賞は春を占う1戦として重要なレースですね。 きさらぎ賞はサトノダイヤモンド、ロイカバードの再対決が一番の見所かもしれませんが、馬券的な旨味はな…

大雪のお話し・1996 バイオレットステークス

先週末から今週にかけて西日本では大雪でしたね。 その前の週は関東が雪で通勤時んはえらい目に会いました、、、。 まず大雪で思い出すのは、エルコンドルパサーの共同通信杯でしょうか。 ダート連勝のあと芝挑戦のはずが雪でグレードなし。 芝からダート変…

2015年そして2016年

久しぶりの更新となります。 そもそもこのブログを読んでいる人がいるのかわからないので、自己満足でしかありませんが、久しぶりに再開しようかと思います。 さて昨年末までは仕事と海外渡航やらで忙しわけでしたが、出資馬の皆さんは出走もせず、スパーク…

雨の毎日王冠

といって思い出すのは そう、 20年前1995年道悪巧者スガノオージが勝った毎日王冠ですね。 府中競馬場今で言うフジビュースタンドの2階以上の場所で見てた気がします。 生で見た初めての競馬。 それが20年前の毎日王冠でした。 多分記憶が正しければ、、、で…

スプリンターズステークス

野球がもおもしろいシーズンになってきましたね。 昨日贔屓にしている千葉ロッテがCS進出を決めました。 今日は本拠地最終戦も勝利し明日は涌井が最多勝を狙いに行きます。 今年は戦力もあまりない中、最下位当たり前かと思っていましたが、 よくAクラスに持…

はじめに

徒然なるままにブログなど書いてみようと思ってここに筆を執ってみました。昨年より一口馬主を始めましたため、その話題が中心となるかと思いますが、以後お見知りおきくださいませ。さて私が人生の中で初めて競馬を認識したのは、日本中が湧き上がったオグ…