読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


フローラステークス

フローラステークスのことをちょっと。
ヤマカツグレースの単複ワイド馬券を持っていたので、
直線はニヤニヤしてみてましたが、
最後かわされて2着。

モズカッチャンは購入時に全くちゃんと見ていませんでしたので、
アウトオブ眼中。

結果はハービンジャー丼。
モズカッチャンは未勝利でサトノクロニクルと0.2秒差の競馬をしているのを後で知りました。

モズカッチャン、ヤマカツグレース共に本番は難しいかもしれませんが、
馬券的にはなかなか美味しいレースでした。

PATの今年の成績を見てみたところほぼ回収率100%のとんとんでした。
年初は好調。2月中盤から3月までは絶不調。
ここに着て復調気配です。

まあ、負けてないということは良いことです。
ここから春G1戦線巻き返して馬券も勝っていきたいものですね。

デビュー間近・ムスターヴェルク&シルヴァーナ

桜が散り、東京開催が始まると新緑の季節という感じがしますね。
府中では、もう少しすると「くらやみ祭り」です。
NHKマイルカップが創設されて以来、NHKマイルカップ府中競馬場→くらやみ祭が定番になった気がします。今年は、土曜日までがお祭りのようですね。

www.ookunitamajinja.or.jp

 

さて以下は近況になりますが、現在3歳馬が3頭在厩。3頭在厩は初めて。
シェアザモーメントもソエが軽くなったようなので4頭在厩も有り得そうですね。

ムスターヴェルク

4/20  加藤征厩舎
19日は軽めの調整を行いました。20日は美浦坂路で追い切りました(56秒7-41秒7-27秒2-13秒3)。「先週末に無事ゲート試験を合格することができました。その後の様子を見ていても大きな問題はなさそうで、これならこのまま進めていけるだろうと思えたことから今週より時計を出す調教をスタートさせています。今週は1本目ということで14-14前後のところの基礎の調教を行いました。いきなり負荷を掛け過ぎると体も堪えてしまいますし、まずはこのくらいと考えて行ったのですが、まずまずの脚取りで坂路を駆け上がってきました。まだこれからではありますけれど、印象としては悪くないですので、このまま少しずつ上げていければいいですね。今後のメニューについても状態の変化をよく観察しながら考えていきます」(加藤征師)

まずは一本追い切りましたね。
ここから3本くらい速いところをやってからでしょうね。
目指すは、
5/13 東京4R 3歳未勝利 2,000 (芝)(牝)
5/13 新潟5R 3歳未勝利 1,800 (芝・外) (牝)※グラニーチップス 予定
5/20 新潟2R 3歳未勝利 2,000 (芝) (牝)
ここらへんでしょうね。混合戦2400などもありますが、現実的ではないとは思いますので、上記あたりでの調整になるのかもしれません。

シルヴァーナ
4/20  宗像厩舎
20日に美浦トレセンへ帰厩しました。「ゲート試験合格後、天栄へ放牧に出していましたが、思いのほか時間がかかってしまいました。中間も天栄へ見に行っていましたけれど、もうひとつ歩様が安定しないということでしたので、こればかりは致し方ないと捉え、ある程度安定するのを待っていたんです。それで、ここに来てようやく安定はしてきたということでした。だからと言って不安が皆無になったというわけでもないようなのですが、4月も後半に入りましたし、競馬へ向かっていきたいと考えてこのタイミングで再入厩させていただくことにしました。まずはゲート後に少し気になった球節であったり、天栄で気になっていた膝回りであったりと、脚元の状態をよく確認しつつこちらでの調整を少しずつ進めていきたいと思います」(宗像師)

こちらは、
5/13 新潟5R 3歳未勝利 1,800 (芝・外) (牝)
5/21 新潟3R 3歳未勝利1,600 (芝) (牝)
あたりでしょうか。
宗像師はもともと新潟で下ろす予定のようでしたので、1回新潟でデビューとなるでしょう。


どちらの馬にも共通して言えることですが、この時期は残りの期間がないので、まずは怪我だけに気をつけて稽古を積んでもらいたいと思います。

次走決定《矢車賞》ルエヴェルロール&想定メンバー

f:id:bns11091:20170226210912p:plain


タイトルがすべてとなりますが、未勝利を勝ち上がったルエヴェルロール。
次走は自厩で調整、5月7日の特別戦矢車賞へ向かうことになりました。

 

4/19 大久保厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。もともと能力の高い馬ですぐにチャンスが来るとは思っていましたが、長めの休み明けでこれがデビュー2戦目と決して楽な条件ではありませんでしたから、いきなりからこの勝ちっぷりはびっくりしました。時間をかけて馬も確実に成長していますし、この後も楽しみです。レース後ですが今のところ目立った反動は見せていませんし、このまま在厩で調整する予定です。ちょうどいい間隔で牝馬限定の特別があるので、そこを目標に進めていこうと思います」(大久保師)5月7日の京都競馬(矢車賞・牝馬限定・芝1800m)を目標にしています。

 

大久保師も長い休みと言っていますが、結果的に休ませて、そこでベースアップを図ったことにより、今回休み明けでも力を発揮する事ができたのでしょうね。
ここで負けると残り走れる回数が限られてきますので、ルエヴェルロールが一発回答してくれて大変ありがたかったです。これでまず目指すべき目標は、秋の大一番ということになるとおもいますが、それまでに一歩一歩着実にハードルをクリアしてくれたらと思っています。まずは500万下ここからですね。
裏開催でマイルカップがある日程ですので、もしかしたら小牧Jで続戦の可能性もあるかもしれませんね。
その場合一度乗ってもらっていることは非常に大きなアドバンテージですので、こちらも期待したいと思います。


現在判明している馬は以下のとおり。

社台、サンデーの馬が多いですね。まだまだ出走予定の馬はいそうですが、
まずはここでどのくらい戦えるか。
非常に楽しみになる試金石ですね。

キャロットクラブ2015年産2歳馬・近況

2歳馬の近況が公開されていたのと報知ブログに2歳馬の情報が載っておりましたので記事にしておきたいと思います。

ヴォレダンルシエル(ピンクパピヨンの2015)

f:id:bns11091:20170415225941j:plain

 4/14  NF早来
馬体重:444kg 
現在はトレッドミルで調整を行っています。この中間は調教負荷をセーブして疲労回復を促してきましたが、馬体重がやや減少傾向にあったことから、ここは無理せず騎乗調教を控えてリフレッシュさせることにしました。ここまでの調教での走りから素地の良さを感じさせるだけに、成長の芽を摘み取ってしまわぬよう、今後も成長曲線に見合った調整を行っていくことで持てる素質を存分に引き出せるよう進めていきます

少しここでお休みが入るようですね。
ここまで大きな問題もなく進めることが出来てきたので、
多少の休養は問題ないでしょう。
リフレッシュしてまたひとつずつハードルを乗り越えていって欲しいです。
報知ブログにも同馬についてのコメントを木村哲師がしているので良かったら御覧ください。

まだ弱いところがあるのでゆっくりになりそうということですから、まあデビューは秋以降になるということでしょうね。
今は成長を促す時期ですので、ゆっくりと着実に進んでいくと良いですね。

 

ムールヴェードル(ヴァンドノワールの2015)

f:id:bns11091:20170415230022j:plain

4/14  NF空港
馬体重:499kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。継続的にハロン15秒ペースで乗り込んでいますが、力強さを感じさせるキャンターは健在でむしろパワーアップした印象さえあります。脚元やカイバ食いに変化がないことは何よりで、今後も同様の負荷をかける中で鍛え上げていければと思います。 

こちらは相変わらず順調。前回のコメントで移動を意識というワードが出てきたので、今後なにか頓挫がなければ早いデビューができそうです。
こちらも報知ブログで手塚師がコメントをしたいますので、以下からどうぞ。

手塚師曰く、「デビューは夏か秋の中山。牧場の評価が高い。ダイワメジャー似。きつい性格でスピードタイプ。」とのこと。牧場の評価高くてスピードタイプというのは嬉しいですね。
現在15−15くらいで乗れているので、このまま順調にいってほしいです。
デビューが8月、9月ということは移動は6月頃でしょうかね。

この報知ブログでも出てくる白毛ハウナニですが、動画でもいつも一緒に稽古をしているようなのですし、今後厩舎も一緒なので良いコンビになりそうですね。青毛の当馬と白毛のハウナニでオセロを結成してたらどうでしょうか。洗脳はされないで欲しいですが。

 

今年は早くから動けそうな馬もいて楽しみですね。兎にも角にも怪我だけは注意して進めていって欲しいものです。