意馬心猿

馬についての煩悩をちょこちょこ書いていきます。


3歳馬近況

さてまた久しぶりの更新となってしまいました。


暑い時期も少し収まって参りましたこの時期。
スーパー未勝利も終わりに近づいていて悲喜交交の季節となってまいりました。

すでに勝っている馬はまあ良いとしますが、残り1回のチャンスにかける馬にとっては実力もですが運も持っていないと勝ち上がりは難しいレースが続きますね。

 

さてスーパー未勝利に出られる条件のおさらい。

ということで出資馬で該当する馬は、
ムスターヴェルク、シルヴァーナの2頭。


このスーパー未勝利ですが、芝のレースが圧倒的に少ないのと希望馬が殺到するため、出るのも勝つのがなかなか難しい。
そんな中、我がムスターヴェルクが芝のスーパー未勝利に出走しました。

2017年9月16日(土) 4回中山3日7R 結果3着

好位追走も馬体重+12と久々が応えたのか優勝とはなりませんでした。

やはり結果論となりますが、デビュー戦2着勝てなかったのは相当痛かったですね。
デビュー戦でムスターヴェルクに先着ミッキークロスは500万をパスしているのとそのレースの3着以降の馬が6,7頭勝っているのを考えると500万でもやれるとは思うのです。

 

と、続戦を望みたいところですが、本日更新がありました。

 

9/20  加藤征厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週は勝ち切れず、歯がゆい競馬になってしまいました。申し訳ありません。初戦はゆったりと走って終いにいい脚を使っていましたが、競馬をこなすにつれて段々と血統の影響が色濃く出てきているのでしょうね。今ではマイルや1800mくらいでいいのかもしれません。このまま新潟へ格上挑戦する話もありましたが、馬の体質等を考えると、早めに勝ち上がらせて計画通りに競馬を使っていけるようにしたほうがいいのではないかという話になり、地方競馬からの再スタートプランを考えてもらうことになりました。今は手元でレース後の状態を確認しているところで、背腰などを中心に必要と思える箇所への治療を行うようにしています。責任を持ってより良い状態にして、新天地へ向けて送り出したいですね。早い時期にリスタートできれば年内2勝コースで行けるはずです。スピードがありますから、短期でまた戻ってきてくれることを願っています」(加藤征師)過去3戦の内容を見たうえでここで諦めるのは得策でないという結論に至り、地方競馬からの再出発を考えることになりました。もうしばらく様子を見てから移動する予定ですが、今のところ名古屋競馬・角田輝也厩舎での再出発を予定しています。

 

ということで、続戦決定のようです。一先ず安心。
状態を整え早めに年内2勝を達成してもらいたいと思います。

 

もう一騎となるシルヴァーナはやはり左前脚の捌きが気になるよう。
スーパー未勝利の何処に出てくるかははっきりしていませんが、
やはり勝ちまではちょっとむずかしいかなという感じがしています。
最後まで望みは捨てませんが、怪我だけはしないでほしいですね。


さて既勝利馬のルエヴェルロールとシェアザモーメントも放牧明け2走目を走っています。ルエヴェルロールは芝1600に出て中団から差すも最後は脚色同じになって4着。
シェアザモーメントは好位追走4角進出するも直線ズルズル後退で10着。
ルエヴェルロールは先までの希望も見えたレースですが、シェアザモーメントはなんかホントちぐはぐな感じ。シェアザモーメントは松若Jにもう一度乗って欲しいなという気がしますがとりあえず両馬レース後に放牧、どちらもまた仲良くソエ気味です。
春先も仲良くソエを発症してましたが、ルエヴェルロールは短いお休みということなので早めの戦線復帰に期待します。シェアザモーメントはどこかでダートも見てみたい気もしますけどまだ先でもいいですかね。

 

そんなわけで今のところ3歳出資馬は勝ち上がり率50%。
で地方継続馬1頭、ラストにかける仔が1頭そんな状況です。

今年のキャロットクラブ勝ち上がり率が45.0%ということなので、まあ統計どおりとなってしまいました。兎にも角にも続戦が決まったムスターヴェルクが早く中央に戻ってきてくれることを切に願っている今日この頃なのでした。

 

シェアザモーメント・ルエヴェルロール出走

ということで、今週末はシェアザモーメント、ルエヴェルロールの両騎が阪神に出撃。

阪神開幕週の土日最終レースにエントリー。

シェアザモーメントは前走同様浜中J。

ルエヴェルロールは初騎乗の池添J。

 

シェアザモーメントは前走は逃げず、少し抑えて追走も見せ場なく7着。

今回は出来れば気持ち良く前に行ってもらい、デビュー戦の時のように突き放してもらいたいと思います。

 

ルエヴェルロールは、好位追走で直線行けそうなところで挟まれてイヤイヤして7着。

こちらは未勝利買った阪神の舞台チャンス到来です。シェアザモーメントよりチャンスあるかもしれないですね。

 

どちらもステイゴールド産駒今回は揃って結果は勝ちとしてもらいましょう。

 

 

キャロットクラブ第一次募集締切

さて今年も終わりましたね。

キャロットクラブ第一次募集が今日締め切られました。

 

もともとリストが出た段階でかなり絞っていたのですが、結局欲しい馬は2頭のみとなりました。

 

まずはアヴェンチュラの16。

この馬はリスト見たときから、この馬にいこうと思ってました。春のトライアルを走っているイメージまで浮かんでいたのですが。

クラシックは?というつっこみは無しでお願いします。

 

まあ、測尺みたら大きい大きい。皆さん敬遠したポイントでしょうね。

ツアーのときに関係者が「ホームランか三振のどちらかという感じ」というのも頷ける感じです。

まあ、野球選手で言ったら広島のランスタイプでしょうね。

若くてわからない人ためにわかりやすく言うと近鉄のブライアントみたいなタイプですね。

それより若い人は知りません。

 

兎も角、血統が魅力的ということもあるのですが、それ以上に好みの馬体だったこともあって直前まで最優先でいこうかと決めていました。

 

でも、もう一頭気になっていた馬がいたんですね。アブソルートリーの16。

いや、この血統背景に好馬体。

顔はちょっと好みではないですが、こちらも途中からずっと気になっておりました。

こちらは野球選手でいうとヤクルトの川端という感じでしょうか。

若い人向けにしてみました。

冗談は置いといて、

厩舎も申し分ないですし、出来上がるのも早そう、父が父なので2歳戦からでも十分いけそうとこちらもかなり魅力的でした。

 

ということで今年はバツ1なので、

当初は2頭取れるようにどう投票するか、

しか考えてなかったのですが、途中経過を見てるとどうやら片方しか取れないぞと。

いった雰囲気になってきました。

 

まあ、ビアンカ、フローラ選ぶ気分ですね。

どちらがどっちだかわかりませんが。

 

 

ということで、とりあえず結果からドン
f:id:bns11091:20170908023740j:image

 

アブソルートリー最優先でいきました。

アヴェンチュラ、、好きな雰囲気なんですがね、、。

 

ということで、アヴェンチュラは捨て票となって恐らくとれるのは一頭のみになるでしょうね。

 

 

 

ちなみにデボラ的に迷ったのは、アナアメリカーナの16でした。

アナアメリカーナは一般行ってたら抽選で可能性あったのかな。まあ、アブソルートリー複数口も考えたのですが、今年は大人しくこれで終了としたいです。

 

出資馬近況と17年出資申し込み馬検討

少し間が開いての更新となりました。


13日にシェアザモーメントが、
20日にルエヴェルロールが出走いたしました。

結果はどちらも7着。

シェアザモーメントは好位追走も手応えが早々に怪しくなってしまいました。
久しぶりの競馬ですので、次回に期待したいですね。

ルエヴェルロールは手応え悪くなかったのですが4角で進路が狭くなった時に、
挟まれてそこからは走るのをやめてしまいました。

どちらも阪神で巻き返しを期待したいと思います。


勝利のシルヴァーナは9月3日の新潟競馬ダート1800に出走予定です。
同じくムスターヴェルクも美浦に帰厩し、9月に勝負をかけます。
状態がすこしよくなってきたのでラスト一発で決め欲しいと思います。

 

2歳馬のムールヴェードルはゲート試験に合格、天栄でトレーニング中です。
ヴォレダンルシエルは早来から天栄に直行入厩に備えています。


秋は2勝目、初勝利、デビューと2頭づつとなりましたが、飛躍を期待したいですね。

 

さて、そんなわけでキャロットクラブから募集馬カタログが届きました。

届くまでは、アヴェンチュラの16が気になってましたがサイズ、馬体重が大きすぎますね、、。
その他にも何頭が気になっていた馬もいましたが、これは!というのはそこまで多くなかったですね。

 

締切りまでもう少し時間もあるので、まだまだゆっくり考えてみたいともいます。